KUZUHA COMPANY ARIA The OVA 「ARIETTA」

KUZUHA COMPANY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ARIA The OVA 「ARIETTA」

こんにちは。
待ちに待った ARIA The OVA 「ARIETTA」が発売されました!

ARIA The OVA ~ARIETTA~ ARIA The OVA ~ARIETTA~
葉月絵理乃; 斎藤千和; 広橋涼; 大原さやか; 西村ちなみ (2007/09/21)
メディアファクトリー

この商品の詳細を見る


ストーリーはもちろんのこと、背景の描写が綺麗です。
4月に行ったヴェネツィア旅行の記憶が鮮明に蘇ります。

OVAの舞台はサンマルコ広場の大鐘楼。
大鐘楼といえば自分も登ってきた場所なので
うれしさというか幸福感(?)が込み上げてきてどうしようもなかったw
先輩3人組が大鐘楼のてっぺんから眺めていたあの方角。
自分もあの位置へ立ち、あの方角を眺めた訳ですが
当時はまさかここが舞台になるなんてこれっぽっちも思ってませんでした。

大鐘楼にまつわる体験談をちょっとだけ書いてみますw
入場する際、大きな鞄は持ち込めないのでエレベーター前で荷物を
預けないといけないのですが、日本みたいに鍵のついたロッカーに
収納するのではなくカウンターにいる大学生のアルバイトみたいな感じの
女性に鞄を預け、預り証であろう紙切れを貰います。
紙はただ番号を打ってるだけの紙。ボロボロです。
しかも鞄は無造作にカウンター奥の台の上に置かれるだけw
置いたらその女性は本を読み始めます・・・・。
全財産が入った鞄なんで、もう不安で不安で。

エレベーターに乗る直前でチケットを買います。
そのチケットをもってエレベーターに乗り、チケットを渡すと・・。
チケット上部をちょっとだけ破ってまたこちらへ戻ってきましたw
なんというかおおざっぱだな~これが文化の違いか!と
思ったのであります。いじょ。


ARIAは3期も決まったのでこれからも期待!





★おまけ★次回の聖地巡礼の候補地









 
プリズン・ブレイクのフォックスリバー刑務所。



lol



テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/09/20(木) 18:38:30|
  2. ARIAの旅・ヴェネツィア旅行
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<エインヘリヤル14回目(第2ウイング) | ホーム | クロマ鉄鉱を求めて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ff11kuzuha.blog80.fc2.com/tb.php/155-819dbf80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ARIA『ARIA』(アリア)は天野こずえの漫画作品(フィクション)、およびそれを原作としたアニメ|テレビアニメ。コミックは累計300万部突破。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History L
  1. 2007/09/30(日) 12:17:12 |
  2. 好きな漫画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。